相川考古館

エントリーNo.13

エントリー名

弾琴男子像

出土場所

前橋市朝倉町

年代

6世紀

種類

人物埴輪(男性)

このはにわに会える場所

相川考古館

※展⽰していない場合もありますので、施設にお問い合わせください。

説明

方形の椅子に座った男性が、膝の上に置いた琴を弾く姿を表した埴輪です。前橋市朝倉町地内から出土し、現在は伊勢崎市の相川考古館に収蔵されているこの埴輪は、国指定重要文化財となっています。琴の弦は5本で、琴頭は狭く、琴尻は広く表現されています。また、帯や帽子、太刀などの持ちものの表現に加え、顔やみずら(髪)に施された朱彩などからも、当時の習俗をうかがい知ることができます。

投票は
9月17日 17時をもちまして終了いたしました。
たくさんの投票ありがとうございました。

ちょっこ

センターで華麗な音色を奏でてぇ(*≧∀≦*)

まー

手の部分の細かさがすごい!センターで輝いている姿が見たい!

ぽんぽこ

上品なお顔に惚れました〜(^^) 上位に入って欲しいです♪

座り方がお気に入りポイントです。がんばって~

貴ボン

古代の日本では男子が事を弾いていたそうだ。審神者(さにわ)⁉️ 君子の左琴❓

むー

ちょこんと座ってるのが、何かカワイイ

りんだ

琴弾き男子に1票!!

匿名はにわ

相川考古館で偶然出会い、造形の美しさに驚きました。

はにわ狂子

教科書で見たノーブルなお姿が、私の琴線に触れました。センターで、奏でる時を、夢見てます。

うちだっち

小生もはにわ造りを少々かじってるのでわかります。いい仕事してます。