(公財)県埋蔵文化財調査事業団

エントリーNo.14

エントリー名

靱を背負った男子

出土場所

今井神社古墳(前橋市)

年代

5世紀後半

種類

人物埴輪(男性)

このはにわに会える場所

県埋蔵文化財調査センター(発掘情報館)

※展⽰していない場合もありますので、施設にお問い合わせください。

説明

この埴輪は男性を表現していて、復元された全長は80cmほどです。頭は髪をまとめて頭巾をかぶり、耳には大きなイヤリングを付け、首には大きなネックレスを付けて胸元を飾っています。上着は袷(あわせ)の部分を2箇所「蝶々結び」で結ぶなど、とてもお洒落をしています。男性の持ち物を見てみると、背中には矢を入れる靫(ゆぎ)を背負い、左肩には弓をかけ、籠手を付けた右手は腰に差した刀に添えられているなど、戦に赴く武人としての正装をしています。大きな戦の前に正装をして儀式に臨んでいたのでしょうか。想像がふくらみます。

投票は
9月17日 17時をもちまして終了いたしました。
たくさんの投票ありがとうございました。

はるな

たれ目な顔立ちと蝶々結びをした身なりに癒されます♪全体的に白ぽいところがより優しさを引き立てていて魅力的です♪

ドラこば

是非、この表情で渋い演歌を歌っていただきたいです♫

秘密基地

サンダーバードの曲で踊って下さい^_^

はにわ大好き

この頭巾、お気に入りだったのでしょうか。とても似合っています。