エントリーNo.27

エントリー名

琴をひく男子

出土場所

太子塚古墳(高崎市)

年代

6世紀前半

種類

人物埴輪(男性)

このはにわに会える場所

かみつけの里博物館

※展⽰していない場合もありますので、施設にお問い合わせください。

説明

琴を弾く楽人の埴輪である。琴弾き役は男性で、椅子に座り、琴をひざの上において爪弾く姿を造形することが多い。『古事記』には天皇が琴を弾き、神が降りた皇后が神意を述べたという説話があり、神祭りの場面を構成した埴輪である。

投票は
9月17日 17時をもちまして終了いたしました。
たくさんの投票ありがとうございました。

cherry

上品で雅な埴輪だと思います。

たきれ

琴を弾く姿が美しいと思いました。

あっこ

ハニワばんざーい。かみつけの里に行ったのでこの子にしました

らきあん

琴を弾くフォルムが素敵です。

元気ばば

琴を楽しんでいた。 古代人の弾く音色が聞いてみたい