Image: TNM Image Archives

エントリーNo.28

エントリー名

武人埴輪

出土場所

上芝古墳(高崎市)

年代

6世紀前半

種類

人物埴輪(男性)

このはにわに会える場所

東京国立博物館

※展⽰していない場合もありますので、施設にお問い合わせください。

説明

脇立(わきだて)をつけた冑(かぶと)をかぶり、右手を刀に手をあけた「抜刀スタイル」の男子像です。挂甲(けいこう)で身をかためた抜刀像は、畿内の今城塚古墳(大阪府)で認められ、6世紀前半に頃には出現したようです。このスタイルは東国にも伝播し、この埴輪は群馬県でも早い段階でつくられた、抜刀像である。

投票は
9月17日 17時をもちまして終了いたしました。
たくさんの投票ありがとうございました。

ほちを

今にも切りかかってきそうな躍動感が素晴らしい!!

タクマ

大魔神みたいだと、お母さんが言ってました

そうすけ

カッコいいからがんばれ!

ぎん

かっこいいぞー!! 絶対勝ってねー!

ヤングコングmaririn

剣を抜いて、今にも走り出しそうでかっこいい!!

さやさや

大魔神を思い出す。 優しい顔と、怒りの顔。

猫ろん

もう既にポーズをとっている立姿がカッコ良い彼に投票です!

パプリカ

高い鼻と締まった細い腰が最高です???? 今まさに剣を抜かんとしている立ち姿も勇ましく、とても素敵です。 美しさと勇ましさ兼ね備えた彼を応援します!!