Image: TNM Image Archives

エントリーNo.3

エントリー名

盛装女子

出土場所

伊勢崎市豊城町

年代

6世紀

種類

人物埴輪(女性)

このはにわに会える場所

東京国立博物館

※展⽰していない場合もありますので、施設にお問い合わせください。

説明

 盛装する女子像で、女子の立像としては珍しい全身表現である。分銅形の島田髷(しまだまげ)は粘土板を折り返して成形しており、丁寧な作りである。鉢巻状の帯と髷の間に櫛(くし)の痕跡(こんせき)が見える。粘土紐(ひも)で眉と鼻を一体で成形して、鼻孔を刻む。耳は円孔で耳穴をあけ粘土で耳たぶを表す。耳玉を貼付け、耳よりも大きい耳環を下げる。首元は着衣との段差により襟元(えりもと)を表現し、首飾りを貼り付ける。上衣は円弧で全体を飾り、袷(あわせ)の上下に紐を表現している。下衣は横方向の線刻を2条施し、間を縦方向の線刻を刻む。東京国立博物館所蔵の資料には、同品の外に武人埴輪も2点収蔵されており、全身像を中心とした埴輪配列の古墳が想定される。

投票は
9月17日 17時をもちまして終了いたしました。
たくさんの投票ありがとうございました。

長利僧

トーハクJOMON展と一緒にこの子を見てきました。さすが入口付近でインバウンドの方々をお迎えするに相応しい日本を代表する群馬美人でした。

づー

なんだか美味しいパンを作れそう

siiiiiiiiiion

東博で初めて会った時に感動しました! 島田結が素敵で服装や装飾品も豪華で素晴らしいです。

うぇーぶ

20歳の誕生日に友人が、あんたに似てるからこれあげると言って、この子そっくりの埴輪をプレゼントしてくれました。 最初は、もっと良いものちょうだいよ〜!なんて笑っていましたが、日に日に愛着が増して、今ではお花を飾る感覚でテーブルの真ん中に埴輪飾ってます!

レイダ

全身立像のかわいい女の子だから、 是非センターで踊ってほしいです。

君に逢いたくて

東京国立博物館で直接応援してきました

めぐみみ

彼女の出で立ち、ステージのセンターにぴったりです!

カメ

トーハク考古展示室で出会い、凛と佇んでいた彼女に一目惚れしました。

さとこ

色と優美な着物に魅せられてしまいました。ずっと眺めていても飽きません。着物の柄も、帽子もすごくお洒落。太古の美人にお会いしたいです♡

ドナウライン

フレ〜フレ〜盛装女子ハニワ〜!