相川考古館

エントリーNo.42

エントリー名

剣を持つ挂甲武人埴輪

出土場所

太田市成塚町

年代

6世紀後半

種類

人物埴輪(男性)

このはにわに会える場所

相川考古館

※展⽰していない場合もありますので、施設にお問い合わせください。

説明

この挂甲武人埴輪(けいこうぶじんはにわ)は、太田市飯塚町出土の挂甲武人埴輪国宝と同じように、靱を背負い、右手で大刀の柄を握っています。抜刀をする際の武人の様子を表現しているようです。また、脚には膝甲(ひざよろい)や臑当て(すねあて)を付けず、袴(はかま)のままです。この袴にはギザギザ文様があり、白色と赤色で交互に色付けされています。さらに、膝の下には可愛らしい蝶結びの脚結(あゆい)も表現されています。よく目を凝らしてみると、細部にこだわっていることがわかると思います。

投票は
9月17日 17時をもちまして終了いたしました。
たくさんの投票ありがとうございました。

はに丸様ラブ

愛しの はに丸様にそっくり! 是が非でもセンターに!!

KO1019

今にも動き出しそうな躍動感がありかっこいい!

ひまわり

私の、はにわのイメージに一番近い埴輪です。

しょうよう

抜刀する緊張感と紅白に色分けされた袴が対照的で、当時の職人の芸術作品のようである。

☆ゆうだい☆

剣持ってるのがかっこいい!!

ゆうちゃん

愛着のわく表情と、剣を持った勇ましさとのいいバランス!

めいこん

剣を持つ姿が、誇らしげに感じました。

KO1019

直立姿勢なのに、今にも動き出しそうな躍動感があり不思議な魅力を感じる埴輪です…。

ハニワオヤジ

昔、見ていた教育番組のはに丸くんを思い出した!(わかる人いるかな~)

ぱなちゃん

埴輪のイメージにピッタリ!!