エントリーNo.50

エントリー名

馬に乗る人

出土場所

太田市高林町

年代

6世紀前半

種類

人物埴輪(その他)

このはにわに会える場所

群馬県立がんセンター

※展⽰していない場合もありますので、施設にお問い合わせください。

説明

馬の埴輪は出土例がたくさんありますが、この埴輪のように、人物が乗っている馬形埴輪は出土数が少なく貴重です。ここで表現されている人物は靱(ゆぎ)を背負っているようですが、人物の全体的な表現は非常に簡略化されています。この埴輪の主役は人物ではなく、馬が主役だと考えられます。当時、馬が人々に大切にされていたことが伝わってきます。

投票は
9月17日 17時をもちまして終了いたしました。
たくさんの投票ありがとうございました。

つっつ

小さい小人がかわいい

ななみん

馬に比べて小さすぎる人!(笑)だけど、馬と人との繋がりに安心感がある。

馬おっきすぎ!

ランラン

面白い投票ですね

ゆみへい

がんばれ馬!!

moory

ヒトちっさ〜

TWICE応援隊

頑張れ!

かみやま

メインは乗っている人! ちっちゃいのに乗っている人がメイン! 頑張って手綱を引いて!

青とオレンジで揺れている

人と馬の大きさのアンバランスさの魅力に引き込まれてしまいました!

カネゴン

上にちょこんと乗ってるのがカワイイ