Image: TNM Image Archives

エントリーNo.55

エントリー名

埴輪武人頭部

出土場所

観音山古墳(千代田町)

年代

6世紀後半

種類

人物埴輪(その他)

このはにわに会える場所

東京国立博物館

※展⽰していない場合もありますので、施設にお問い合わせください。

説明

冑と首飾りをつけ、目じりには、赤彩が施されているとてもおしゃれな埴輪です。冑は、衝角付冑(しょうかくつきかぶと)という、約5世紀から7世紀にかけての代表的な甲冑の一つです。軍艦の軸先につけられた衝角のように突き出していることからそのような名称がついています。鼻や髪の毛(美豆良)は欠けてしまっていますが、どのような形状だったか想像してみるのも楽しいです。

投票は
9月17日 17時をもちまして終了いたしました。
たくさんの投票ありがとうございました。

ひで

がんばれ埴輪!!

よしぞー

作成されるダンス動画のどんな踊りにも合いそう。色も特徴的。

葉っぱ

クールで素敵なハニワ!

萌える闘魂

神秘的かつ、シンプルでカッコいいです!