(公財)県埋蔵文化財調査事業団

エントリーNo.59

エントリー名

馬形埴輪

出土場所

多田山古墳群4号墳(伊勢崎市)

年代

6世紀初頭

種類

動物埴輪(ウマ)

このはにわに会える場所

県埋蔵文化財調査センター(発掘情報館)

※展⽰していない場合もありますので、施設にお問い合わせください。

説明

顔の正面に両目が配置される。このような馬形埴輪は県内では前橋市白藤V-4号墳や渋川市津久田甲子塚古墳、邑楽町古海松塚11号墳などに見られる。このような馬形埴輪は通常のものよりも小型で、胴体も寸胴に造られることが多い。本品は鋲(びょう)が表現された楕円形の鏡板をつけた轡(くつわ)をし、面繋(おもがい)の各所には鋲表現のある辻金具で留める。胸繋(むながい)には鈴を付ける。鞍(くら)は鞍敷(くらしき)と障泥(あおり)を刺突(しとつ)で表現し、革製品を示しているものと想定される。尻繋(しりがい)には鋲で縁取りされた杏葉(ぎょうよう)を垂下する。

投票は
9月17日 17時をもちまして終了いたしました。
たくさんの投票ありがとうございました。

工房

一番はに丸君のひんべいに似てました。

THE・馬

クニコ

全体がまるっこくて、かたちがかわいい!

ひなはにちゃん

おめめがかわいいね。がんばってね。

としさん

上毛かるたの「し」かな。

馬埴輪がんばれ

シンプルでとてもかわいらしい馬型埴輪!いつか実物を見てみたい。がんばれー!

うまさん

かわいい!

はに

つぶらなひとみ✨

いずたん

可愛いくてすてき❗️

まるきー

6歳の時の九州旅行で初めて埴輪と出会ってからずっと馬の埴輪が大好きです!かわいさはダントツだと思います♪