エントリーNo.63

エントリー名

馬形埴輪

出土場所

蛇塚古墳(伊勢崎市)

年代

6世紀中頃

種類

動物埴輪(ウマ)

このはにわに会える場所

赤堀歴史民俗資料館

※展⽰していない場合もありますので、施設にお問い合わせください。

説明

環状の轡(くつわ)を表現。面繋(おもがい)は菱形(ひしがた)の飾りを付ける。胸繋(むながい)と尻繋(しりがい)は三角形の線刻で飾り、鈴を付ける。鞍(くら)は前輪と後輪の間隔が狭いが居木(いぎ)を表現し、そこから輪鐙(わあぶみ)を吊るす。鞍下端から台形の障泥(あおり)を下げる。端部は刺突(しとつ)により装飾し、革を表現。本品の前後する時期から馬形埴輪が大型化し、尻繋も復条化するようになる。

投票は
9月17日 17時をもちまして終了いたしました。
たくさんの投票ありがとうございました。

美輪はに子

シュッとしてる馬やなぁ 一番シュッとしてる! 家に飾って置けるレベルや 夜中トイレに行く途中に遭遇しても、これならビクッとしなくて良さそうですね(о´∀`о)

アユミ

足が長くて格好いい!

さーざん

足長すぎて惚れたわ‼️