エントリーNo.68

エントリー名

鵜形埴輪

出土場所

八幡塚古墳(高崎市)

年代

5世紀後半

種類

動物埴輪(その他)

このはにわに会える場所

かみつけの里博物館

※展⽰していない場合もありますので、施設にお問い合わせください。

説明

頸(くび)に鈴つきの飾り紐(ひも)をつけることから、飼い鳥であることが分かる。その嘴(くちばし)は魚をくわえあげた造形で、鵜(う)の埴輪と考えられる。このため、古墳時代に鵜飼いが行われていたことを証明する国内最古の資料といえる。鵜は『古事記』にも登場し、気多大社(石川県)では、神前に鵜を放つ祭りが残る。また、多産である鵜を安産の霊力をもつとの信仰があるようだ。

投票は
9月17日 17時をもちまして終了いたしました。
たくさんの投票ありがとうございました。

鵜ちゃんカワイイ♪

鵜ちゃんもお魚ちゃんもとってもカワイイです! きっと作った人が愛情込めて作ったんだな。

はにわ狂子

鵜飼のはにわは、珍しい!コミカルな

はにわラブ

かみつけの里博物館で携帯クリーナー買いました!かわいいです!

ぴな

餌をとる姿が埴輪になっててすごく可愛いです(*´▽`*)

いっしー

魚もキュート!

ウーウッ♬

魚、早く飲み込まないと逃げられちゃうよ!

人形使い

埴輪祭祀においてどのような役割なのでしょうか。まさか1500年後に踊るため?

ココタス

お魚好きなので魚型の埴輪を探してたら、あるじゃないですかー!ペットのお魚に似てとっても可愛いです!食べられてるけど。

人形使い

初めて見ました。安産、多産ということは子孫繁栄や魂の再生の意味があるのでしょうか。

ゆっきー

古墳時代から鵜飼があったなんて驚き!