エントリーNo.82

エントリー名

盾形埴輪

出土場所

塚廻り古墳群第3号古墳(太田市)

年代

6世紀前半

種類

器財埴輪

このはにわに会える場所

群馬県立歴史博物館

※展⽰していない場合もありますので、施設にお問い合わせください。

説明

この埴輪は古墳を守るための盾を表現しています。上部は弧を描いており、よく見ると直線と鋸歯(きょし)状の文様が描かれていることがわかると思います。当時の実際の盾は皮や木で作られていましたが、まれに鉄でできたものもあったようです。

投票は
9月17日 17時をもちまして終了いたしました。
たくさんの投票ありがとうございました。

さなちん

盾のフォルムが素晴らしく感じました。

おば

説明読んでから見ると、じんわり柄が判るΣ(- -ノ)ノ