エントリーNo.87

エントリー名

大刀形埴輪

出土場所

中原1号古墳(高崎市)

年代

6世紀後半

種類

器財埴輪

このはにわに会える場所

吉井郷土資料館

※展⽰していない場合もありますので、施設にお問い合わせください。

説明

拳(こぶし)を守るための帯に、三輪玉や鈴をつける、倭風(わふう)の装飾大刀を模した埴輪。6世紀後半になると、関東地方では埴輪生産のピークを向かえ、ややデフォルメされた器財埴輪が出現する。これらは、墓を飾り立てる「理想のモノ」として並べられ、被葬者が実際に所有していたものを模したものでないといわれる。

投票は
9月17日 17時をもちまして終了いたしました。
たくさんの投票ありがとうございました。

矢島透

家形こそ正義!全力で応援します!

あおい

刀形のハニワなんてあるんですね。