エントリーNo.9

エントリー名

三人童女

出土場所

綿貫観音山古墳(高崎市)

年代

6世紀後半

種類

人物埴輪(女性)

このはにわに会える場所

群馬県立歴史博物館

※展⽰していない場合もありますので、施設にお問い合わせください。

説明

ひとつの台座に、正座した3人の巫女が造形される。3体とも背中に鏡をつける。体の前で手を合わせるが、手の平面に1本の弦が表現される。奈良・平安時代、竹棒で梓弓(あずさゆみ)の弦をたたき、その音により神がかり状態になり、霊を憑依(ひょうい)させて口寄せする「梓巫女(あずさみこ)」がいるが、「鳴弦(めいげん)」を用いた儀礼表現であろう。これに似た埴輪が、葉鹿野古墳(栃木県)で出土している。

投票は
9月17日 17時をもちまして終了いたしました。
たくさんの投票ありがとうございました。

匿名はにわ

三つ子ちゃん、微笑ましくてカワイイ

プン

圧巻!エントリーの数多いー!!

マチ子

三人娘可愛いので、ぜひセンターで頑張ってほしいです。

縁起ダルマ

三人並んだ珍しいハニワ。実際に見たけど可愛かったです。

匿名はにわ

三人がかわいくてひと目見て心に残る埴輪でした。 こんな型の埴輪は初めて見ました。

古墳愛しすぎ男子

珍しく3人乗っている。県立博物館に行って見てきました。凄かったです。

てるっぴ

3人一緒とは珍しい!

こんさ

子供の時に、この埴輪と写真撮影した思い出があります。

ぶるる

リニューアルした歴史博物館で初めて見た時、予想より大きかったので驚きました。 三人が並んでいるのが、特徴的で珍しく可愛いです。

るるる

実物は意外と大きかったです。 元祖「三人官女」のようで、インパクト大!