Image: TNM Image Archives

エントリーNo.91

エントリー名

切妻屋根の家

出土場所

赤堀茶臼山古墳(伊勢崎市)

年代

5世紀中頃

種類

家形埴輪

このはにわに会える場所

東京国立博物館

※展⽰していない場合もありますので、施設にお問い合わせください。

説明

赤堀茶臼山古墳は昭和4年の帝室博物館(現東京国立博物館)の調査で8棟の家形埴輪が出土している。そのうち最も大きい家形埴輪が本品である。切妻屋根で棟に堅魚木(かつおぎ)を乗せる。屋根中央には粘土で押縁(おしぶち)を表現し、その上位には網代(あじろ)表現をしている。粘土板を貼り付けて柱を表現し、平側3間、妻側2間になる。平側の片面には長方形の透孔(とうこう)で開放表現がされ、入口等が想定される。妻側は方形の透孔により、明り取り用の窓表現となる。このほかに、切妻屋根平地建物2棟、切妻屋根高床建物3棟、寄棟屋根高床建物1棟、小型の切妻屋根1棟が出土している。

投票は
9月17日 17時をもちまして終了いたしました。
たくさんの投票ありがとうございました。

ミヤクン

遺跡の発掘ではわからない当時の建物形状が詳しくわかりたいへん貴重です

持ち家希望

家がどうやって踊るのか? 見たい!

めきゃ

まさに古墳時代のドールハウス!

りんりん

ミニチュアハウスみたいでかわいい!

みーこ

毎日小学生新聞に HANI-1グランプリの記事が載っていたので、それで投票してみようと思いました。どの埴輪にするかすごく迷いました。

タケ

群馬の知名度アップに貢献

みと

ずっと家じゃなくて、馬の鞍だと勘違いしてた。。ようやく気づけた!

むーちゃん

美しい!!!

mamaねこ

屋根とのバランスが好きです。

ゆすけ

形が整っていて素晴らしい